犬のしつけで物を持ってこさせるための強化スケジュール

犬のしつけで、「ある物に近づく」という行動をスケジュールに乗せると、犬は色々な「近づき方」を示すようになります。これは、強化済みの「ある物に近づく」という行動に対して飼い主が何を求めているのかを知るために、犬が色々なやり方を試すためです。

しかも物に近づくたびにごほうびをもらえるわけではないので、たいていの犬はイライラを募らせ、むきになって何度も何度も反応を返すようになります。これは犬のしつけトレーニングにおいて最大の効果をもたらします。

「多様なスケジュールは多様な行動を生む」というわけです。何度も物に近づくことを繰り返すうちに、たまたま犬の鼻や身体の一部が物に触れたらしめたものです。次からはこの反応を新たな基準として犬のしつけを行えば、よいからです。
犬のしつけを学べるサイトです 柴犬の飼い方・育て方・しつけ方をご紹介
 

犬のしつけとは生起頻度を高めるためのもの

犬のしつけとは生起頻度を高めるためのものであって、「知識」を伝えるためのものではありません。犬は、ウエイト・リフティング
が筋肉を強化するということを分かってもいなければ、理解してもいません。ただトレーニングによって反応を条件付けられているにすぎないのです。

しかし、だからといって犬が刺激に対して機械的に反応するだけのつまらない存在だと思うのは間違いです。犬はそのままでも大切な家族の一員です。犬の学習過程を説明するには、オペ
ラント条件付けを例に引くと一番分かりやすいです。事実、人間だってオペラント条件付けによって学習しています。

このことから、オペラント条件付けは、犬と人間という異なる種同士が意志を通わせるための窓口だということができるでしょう。
犬のしつけがQ&Aで分かる! チワワのしつけ飼い方や性格と特徴
犬のしつけと健康・暮らし方 チワワの噛み癖や甘噛みのしつけ方

犬の吠えのしつけは慣れから

犬がほんの小さな物音や周囲のちょっとした変化にも敏感に反応し、そのつどうるさく吠えるのなら、まず犬を周りのものに慣らすことから始めなくてはならないです。

そのためには散歩の回数を増やすと共に、色々な人に家に来てもらうとよいです。そして犬をたくさんの風景や音に触れさせます。犬にしても、絶えず周囲を警戒しながら毎日をすごす生活が楽しいわけがないのです。

また飼い主も自分の行動を振り返り、犬が激しく吠えた時に何か報酬を与えたりしていないか、考えてみてほしいです。飼い主のこうした態度が知らず知らずのうちに望ましくない行動を強化してしまうからです。
他人やよその犬に吠える犬のしつけ 犬のしつけで噛む吠える場合の対処
吠える犬のしつけ 犬のしつけ方 吠える無駄吠えを直す方法

犬のしつけは問題が発生する前に

犬は般化かできないため、たとえキッチンのキッチンカウンターの食べ物を取らなくなっても、テーブルの上のオードブルや子どもの持っているアイスクリームには飛びついてしまうでしょう。

飼い主はこの点をよくわきまえた上で、問題が発生する前に何らかの手を打たなければいけません。行動が定着してしまうまで何もしない飼い主がたくさんいますが、これはとても理解に苦しむことです。

これは飼い主の側に「良い犬」は盗み食いしたり飛びついたりしないという間違った思い込みがあるせいです。人間を困らせる行動問題の多くは犬の世界では当然のことばかりです。それだけに人間は犬を教育する責任を負っているのです。

犬のしつけの正しい叱り方 犬のしつけの散歩で引っ張られる飼い主
チワワの吠え癖や無駄吠えのしつけ方 トイプードルと一緒に遊ぶ方法

犬の問題行動の解決をはかるということ

犬の問題行動の解決をはかるということは、問題の原因となる態度や不安を取り除いて犬の行動を矯正することにあります。攻撃的な犬や臆病な犬を訓練する場合は、訓練中ずっと監視を続けることが必要です。どのような訓練でも犬の能力以上のことを無理強いすると、訓練はいつか必ず行き詰まります。そして問題を解決するどころか、犬の不安と恐怖心と攻撃性をぶり返してしまうことになってしまいます。

例えば、あごひげを生やした男性に慣れさせる場合、男性が座っていれば犬がその側に近づいておやつをもらうところまで訓練が進んだとしても、その段階でいきなりひげを生やした別の男性が近づいてきて犬をなでようとしたら、これまでの苦労は水の泡になってしまうでしょう。慎重に訓練を進めて行けばいずれは自然と目標に到達するので、けして先を急ぎすぎてはいけません。

賢い飼い主なら、犬の心の準備ができるまでは、他にひげを生やした男性を犬に近づけないようにするべきです。予防的な訓練は犬が幼いほど、また噛み癖がないほど効果が大きいです。幼い犬は物事の吸収が早く、また噛み癖のない犬は、言うまでもなく訓練中の危険性が少ないからです。

甘噛みを直す – 犬のしつけがQ&Aで分かる!
トイプードルのしつけ飼い方や性格と特徴
犬のしつけ暮らし方とホビー&ライフ
本気で噛む犬のしつけ
 


犬が飛びつくのは幼い時の習性の名残

犬の文化と人間の文化の違いが端的な形で現れているのが挨拶の儀式です。人間社会では握手やおじぎが一般的な挨拶の仕方であるが、犬は仲間に出会うと嬉しそうに跳びはね、相手をなめ、匂いをかぎます。

犬が飛びつくのは幼い時の習性の名残です。子犬はよく成犬に飛びついて口角をなめるが、これは口の近くをなめられたことが刺激になって成文が食べ物を吐き戻し、子犬に与える習性からです。犬は成長してもこの習性を失わず、位の高い相手に挨拶をする時にはこうした行動をとります。

子犬のしつけ飼い方 育て方
犬のしつけと病気や健康
本能習性に合ったしつけ方|犬のしつけ方.net
犬の性質 本能 習性 そもそも犬ってどんな生き物?
トイプードルの吠え癖や無駄吠えのしつけ方
 


普段大人しい犬も危険要因が重なると噛みつく

危険要因が一つでも存在すると、その刺激の強さと犬の臨界点の高さによっては、威嚇や噛みつきといった行動が誘発されることがあります。またいくつかの危険要因が重なると、威嚇は激しさの度合いを増します。

これまで攻撃的に振る舞ったことのない犬が「挑発されていないのに」あるいは「理由もなく」噛みつくのは、このためだと考えてよいです。いくつかの要因がこれまでになかった形で積み重なると、一つ一つの要因が個別に作用する場合よりも、犬の行動は激化します。なお、どの犬の場合も、これまでの行動歴からだいたいの反応パターンは予測することができます。

サイトマップ – 犬のしつけがQ&Aで分かる!
犬を飼う準備と必要な物&用品グッズ
犬のしつけ方法の動画
犬のブログリンク集「わんわんブログ.com」
散歩で引っ張る・止まって動かない犬のしつけ
 


子犬の時期からしつけを開始

犬は般化が得意ではないです。飼い主には進んでオモチャを渡してくれる犬でも、知らない人や子どもがオモチャを取りにきたら、かなりの確率で威嚇行動をとるはずです。

特に子どもに社会化されていない場合は、その危険性が高くなります。だからこそ、放任主義的に犬を育ててきた飼い主は、知らん顔を決め込むのではなく今すぐに犬のしつけを開始しなくてはならないのです。

たまたま遊びにきた子どもを犬が噛んでしまった後では、もう手遅れなのです。犬を飼うということは、その犬と社会の両方に対してとてつもなく重い責任を負うということです。だから是非とも子犬の時期からしつけを開始してほしいのです。子犬が相手であれば、食器、骨、お気に入りのオモチャ、定番のティッシュなど、何を使ってでも犬のしつけを行うことができます。

結局は犬のしつけそのものを遊びにすればよいのです。

子犬のしつけ飼い方 育て方
堀川春広 犬のしつけの評判や口コミと評価
トイレの犬のしつけ
物や手を噛む犬のしつけ方
チワワの散歩のしつけ方
 


犬の鎖での繋ぎ飼いはダメ

犬の攻撃性を抑える一番良い方法は、最初から犬にバリア・フラストレーションを感じさせないことです。事実、これは簡単なことで、犬を鎖でつながないようにしたり、際限なくいつまでも庭に出しっぱなしにしなければよいだけの話です。またフェンスの向こうにいる犬と接し、遊ぶ機会を頻繁に作ってやることも大切です。

鎖での繋ぎ飼いがバリア・フラストレーションの原因になるのは、犬が自由に相手に近づくことを妨げるだけでなく、相手から遠ざかろうとする動きまでも阻止してしまうからです。実は後者のほうが問題は深刻になります。

トイプードルのしつけ
犬のしつけcheeky dogと趣味仕事
犬のしつけを解説している動画
噛む犬のしつけ
柴犬の噛み癖や甘噛みのしつけ方

犬の群生という習性

その昔は犬には広い空間が必要だと考えられていました。つまり、「走り回れる場所がたくさんある牧場」が犬の理想の住みかとされていたのです。ですが今は違います。犬に必要なのは空間よりもむしろ時間です。

飼い主と過ごす時間と広い庭のどちらかを犬に選ばせたなら、恐らく世界中の犬は1頭残らず飼い主と一緒に遊ぶほうを選ぶでしょう。それだけ犬の群生は強く、犬らしい習性だということです。ですから犬には色んな仕事を与えて褒めることを、たくさん日常的に行なってほしいです。

無駄吠えする犬のしつけ
犬と暮らすことの意味|良い犬のしつけ教材は購入率で決める!
犬がドッグフードやエサ、ご飯を食べないで残す理由
プロトレーナーの犬のしつけ方
犬のしつけ方 噛む あまがみ を直す方法